Q.高齢の父が社長を引退しようとしません。どうすれば良いでしょうか。

Q:30年程前に父が会社を起こし、家族で経営をしています。社長である父が高齢となり、もしものときが心配なのですが、父自身は一向に引退しようとしません。どうすれば良いでしょうか。

A:ご心配されているとおり、社長(代表取締役)がご高齢の場合、健康状態にもしものことがあった場合には、取引先、従業員などに大きな影響が出る可能性があります。事業承継は早めに動いた方が良いでしょう。

 他方で、社長であるお父様は、これまで経営されて来た自負をお持ちでしょうから、引退を迫られた場合には、自分が築いてきたものを取り上げられてしまうような寂しさや、自分の居場所を失ってしまうといった不安を抱えていらっしゃることもあると思います。

 お父様は、社長は自分しかできないと考えていらっしゃるかもしれません。しかし、社長よりも、さらに、お父様にしかできないものがあります。「会長」や「顧問」といった次期社長の相談相手となる立場です。社長というのは会社の全責任を負います。とくに中小零細企業では、大企業のような役員会などが無く意見交換や議論をする場が限られ、一人で判断をせざるを得ないケースも多くあります。社長にかかる重圧は相当なものといえるでしょう。

 そうすると、事業承継をした後、新しい社長も同じ重圧を負うことになります。そのときに、新社長の相談相手となり支えるのは社長を経験されたお父様以外にありません。

 もし、お父様に同世代の「社長仲間」がいらっしゃるならば、そのお仲間の中にも「会長」にシフトしていく方が出てきているのではないでしょうか。そういった同世代の方々のお話などを引き合いに、お父様にも社長から会長にシフトしていただき、次の社長を支えていく役割の重要性を説いていく方法が考えられます。

 また、お父様がご家族からのお話に聞く耳を持たない場合には、顧問税理士の先生など、お父様が信頼されている周囲の人の協力を仰ぐのも一つの方法でしょう。

 事業承継について弁護士の意見をお聞きになりたい場合には、当事務所にご相談ください。多数の事業承継の事例を経験している弁護士の視点からお話をさせていただきます。

お問合せはお電話(042-548-4805)または岡野法律事務所ホームページからお願いいたします。